今年の紅葉はちょっと違う組み合わせで。(撮影編その2)

天龍寺はもう駐車場がいっぱいになって、人が大勢入っています。こんなに早くから・・・驚きます(^^;


駐輪場前にも見事な紅葉がありますよ。


先ほどの宝厳院への案内板も。観光客にもわかりやすいですね。



境内の紅葉は今が見頃です。が、例年より色が冴えなく枯れているような枝葉もありました。異常気象のせいでしょうか。


それでも紅葉の見どころは多いのでウロウロと撮りまくりです。






満足したので次に向かいます。沿道のお店もほとんど開いてきてます。



落柿舎や常寂光寺に行きたかったんですが、もう人が多くなっていたので今回はパスし、鳥居本に向かいます。
途中の化野念仏寺入り口にて。



鳥居本に到着です。いい具合に色づいてますね。


こんな所にも秋がありました。


ここも既にハイカーや観光客が増えてきてます。



定番の鮎の宿つたや前で。






10時前になり、車も人もかなり増えてきたため今日はここで切り上げそろそろ退散します。



駐車場、観光地といえ取り過ぎでしょヽ(`Д´)ノプンプン
他にも一日2000円とかざらにありましたが・・・


川沿いは延々渋滞になってしまってます。この人達、止めるところはあるんでしょうかね~。
パークアンドライドもやってるのでそちらか公共交通機関の使用をオススメします(^^)


10時過ぎに帰宅、本日走行距離30Kmでした。



撮影した感想ですが・・・

D50にマニュアルレンズはピント合わせが難しいです。
この機種はペンタミラーで倍率も低いため、ファインダー像が小さくピントの山がつかみにくいので微妙なピント合わせは苦労します。
合ってると思ってシャッターを切っても、家でPCに取り込んでみたらピントが外れてるもの多数でした(T-T)
ペンタプリズム搭載機でフォーカスアシストのある機種が欲しくなってしまいました。

G5につけるとピント合わせは背面の液晶を使って部分アップでピント合わせ出来るのですが、手持ちでしっかり構えにくいのでブレやすくなります。三脚使用ならこちらに部がありますね。しかもG5は自動露出(AE)が効くのでその点楽です。

でも今回は、同じレンズを使ってもぼけやすい大型イメージセンサーを使っているD50をメインに使い、サブでG5にパナの14-42のレンズを付けて撮影をすることにしました。

更にD50は絞りとシャッタースピードの組み合わせは完全マニュアルになる上にAEが効かないので、明るさが変化するところでは試し撮りをして露出決定するしかありません。AE/AF撮影に比べて撮影時間が何倍もかかってしまう所がネックです。
言い方を変えれば写真を考えながら撮る楽しみとも言えますが(笑
とても動き物には対応できそうにないので風景写真しか無理そうです(^^A

なので、今回7時頃から撮り始めて10時頃まで気がつけば3時間があっという間でした(^^A



ブログランキング参加中。よろしければ、ポチッとして戴けると励みになります!よろしくお願いします。


にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ(文字をクリック)
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment