今年の紅葉はちょっと違う組み合わせで。

先日、親戚の方からアルミケースに入ったカメラセット一式を戴きました。
亡くなられたご主人が使われてた物で、もう20年位そのまま置いてあったとか。

持って帰って頂けたらありがたいと仰られましたが、逆にこちらが戴けて嬉しい位です。
とりあえず、中身を見ずに戴いて帰りました。
ですが、持って帰るまでさすがに20年も放置してたらカビとか痛みが出てるんだろうな~と期待半分でした(^^A

帰って中身をチェックしてみると、カメラはフィルムの中判カメラPENTAX 645のセットでした。
それ以外にはCanonのEOS650+35-70mmです。
中判カメラのセットは初めてです。今までフィルムカメラは35mmしか使ったことがなかったので全体がかなり大きく見えますね。レンズも645用と6×7用と合わせて5本有りなかなかのラインアップです。



LumixG5を並べてみましたがかなり大きさが違いますね(^^A



状態ですがとても20年も放置していた様には見えません。
どのレンズにも目立つカビはなく光学系はキレイな状態の物が殆どでした。
外観も錆や剥がれ、汚れもなく絶好のコンディション。
愛着を持って手入れしてたんでしょう(^^)

さすがに、カメラは電池ホルダーのプラスチック部分に劣化が来ていましたが、電池を入れたら動きました。
ストロボはどこかが接触不良になってしまっているようですね。フタをいじると動いたり動かなかったりでした。


さて、さすがにこのカメラを今更使うにはブローニーのフィルムを買ったり現像する必要があるので色々コストが掛かりすぎます。


さて、どうしたものか(゜_゜)


そういえば確かアダプターを使えばNikonの35mm一眼レフにも付くはずだと。
調べるとPENTAX645→Nikon Fマウント変換アダプターが売っていたので早速注文しました。
国外からの発送だったのでちゃんとくるか一抹の不安はありましたが、予定より10日以上早く到着。


中身はこんなんです。



家にはNikonFマウントをマイクロフォーサーズに変換するアダプターもあるので、2個重ねて付けたらLumix G5にも付くはず!!

という訳で、やってみました。
まずアダプター一個で645用レンズをニコンD50に。



更にこれにアダプターを付けてG5に。



6×7用レンズに645アダプター、645→Nikonアダプター、Nikon→マイクロフォーサーズアダプターの三段重ねです。ちゃんと付けられました。
レンズがデカすぎですね(笑


アダプター3連アップです。


これをD50につけてもまだ大きそうです。



D50にこれくらいのレンズならちょうどいいかも。




テスト撮影してみました。

まずはD50に645用75mmF2.8を合わせてみます。
真ん中のASAHI PENTAXの文字にピントを合わせています。


次に同じレンズをG5に付けてみます。
撮像素子のサイズが違うので画角も変わります。同じ絞りでもボケが小さくなってますね。


どちらも絞り開放で撮ってます。

撮影していて気づいたんですが、これらのオールドレンズは斜光が入ると盛大にフレアが起こってしまいます。
レンズがデジタル時代のコーティングじゃないですからね~(^~A

撮影にはフード必須です。それでも角度によっては防げないので何か覆うものを用意しないと綺麗に撮れないかも。

工夫が必要でマニュアルフォーカスしか出来ませんが、組み合わせが色々あって遊べそうです(^^)



で、早速紅葉を撮りに行ってみました。


長いので続きます。


ブログランキング参加中。よろしければ、ポチッとして戴けると励みになります!よろしくお願いします。


にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ(文字をクリック)
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment