短いスクリーンに交換しました。

ウェルナットも手に入れたことで、早速スクリーンの取り替えをやってみました。

まずガーニッシュを外します。


次にウェルナットのネジを抜いてスクリーンを外します。スクリーン自体はネジを外せばすぐに取れます。


それにしても困るのはこれ、この状態から抜くのが大変です。結局、プライヤーで力任せに引き抜きましたがボロボロになりました(^^A


外した純正ウェルナットはH-1032というタイプでした。


Q-5と言う今回買ったものと比較。長さが縮んだ分を考えても純正の方が長いですね。




GIVIスクは右前の穴の一部が割れてました。負荷がかかったんでしょうかね~?(^^;


交換前にスクリーンを並べてみました。右がこれから交換するスクリーンです。
かなり大きさと長さが違いますね。


ここで気がついたかと思いますが、交換品はショートではありません。純正ロングです(^^ゞ

ショートスクリーンにすると思ってたのに騙された~!って言わないでくださいね。
これでも十分ショートになってますから(笑

新品のウェルナットは簡単に入りました。長さも問題無いようで普通に固定出来ました。



参考にビフォーアフターです。かなり長さが違うのがわかると思います。



早速、実走行テストをしてみました。
純正スクリーンも結構揺れてカタカタ音がしますね、留め方が弱かったんでしょうか?
まず視界が全く違います。GIVIはスクリーン越しに前を見ていますが、これはスクリーンの上から直接前を見るタイプになります。
さすがに見やすくなりましたね~!

ハンドルを握る手に直接風が当たるのは久しぶりです、涼しい~!!
首元くらいまでは風が当たるので体感でかなり涼しく感じられます。
ヘルメットの風切り音はそれほどでもなく、やはりそこは純正品、よく考えられてるんですね(^^)
夏空でのツーリングも多少はましになるかな?


明日のツーも少しは楽になると思います(^^)



涼しくなるまではこれで行くつもりですが、10月くらいまでかな~?



ブログランキング参加中。よろしければ、ポチッとして戴けると励みになります!よろしくお願いします。


にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ(文字をクリック)
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment